マルシマ印刷株式会社

会社案内

会社概要

名 称
マルシマ印刷株式会社
本 社
香川県小豆郡土庄町渕崎甲2070-1
Tel : (0879) 62-5577 (代表)
Fax : (0879) 62-1218
営業所
高松市多賀町2丁目8-18
Tel : (087) 833-6111 (代表)
Fax : (087) 833-6113
資本金
10,000,000円
設 立
大正11年11月3日
代表者
代表取締役社長   島 啓
事業内容
企画・制作、オフセット印刷全般、自社企画出版

沿革

大正11年 島 安治郎 丸島印刷を設立
活版印刷機1台を設置し、従業員2名で操業開始
昭和13年 島 政雄 引き継ぐ
昭和31年 戦後の動乱を乗り切り、合資会社丸島印刷所に改名
資本金50万円、活版印刷機3台、従業員6名
昭和35年 島 嘉孝 (現 会長) 入社
営業部の強化を図る
昭和36年 観光立島小豆島にカラー商品が必要となり、オフセット印刷機1台を導入
従業員15名となる
平版と活版を併設した総合工場となる
昭和39年 高松営業所を設立
オフセット印刷機を増設
昭和44年 業務拡張のため、社屋・工場を現在地へ移転
写真製版を導入し、菊版単色、自動オフセット印刷機の併設と併せ、活版印刷機の自動化、写真植字機・タイプを増設し、コールドタイプ化を積極的に実施
昭和46年 カラー製版機を増設
昭和47年 ダイレクト製版専用カメラ、全自動2色刷オフセット印刷機を導入し、高度化、増産体制を確立
昭和49年 マルシマ印刷株式会社と改名
取締役会長 島 政雄、代表取締役社長 島 嘉孝の就任
昭和54年 事業拡張に伴い、自社ビル(3階建て)を新築
昭和56年 全自動2色機を増設
昭和57年 小豆島の情報誌 月刊「ぴ~ぷる」創刊
昭和60年 IC内蔵スキャナグラフSG-808II (製版部内)、NEC5170総工程(文字内部)を導入
平成元年 4色機 NEW LITHRONE を導入
モノクロスキャニカを導入
平成 3年 月刊「ぴ~ぷる」1月号で創刊100号を達成
平成 7年 従来のアナログ方式から、デジタル化へ移行という業界の大変動の時代に突入
平成 9年 企画部に印刷業界専用のMacintosh 15台、製版部にベルビースキャン リップサーバー、ラックスセッターを導入し、工程前システムを全てデジタル化するとともに、4色機を増設
同時に社員教育を急務とし、新時代への対応を図る
平成15年 製版部へのCTP&DDCP導入に伴い、リップサーバーをグレードアップし、印刷前工程をフルデジタル化して、スピードアップを図る
平成16年 オンデマンドプリントを導入 従来のオフセット印刷から、スピーディかつ低コストで印刷できる態勢が整う
平成17年 3月 小豆島観光情報誌 Eedee!(ええでえ~)創刊
平成17年10月 マルシマ印刷グループ会社 株式会社パオフィールの業務開始
平成22年10月 取締役会長 島 嘉孝、代表取締役社長 島 啓の就任
現 在 従業員50名余、新システムへのインフラが完備し、万全の体制が確立 更なる拡大事業の強化を目指す
  • 限定 小豆島カレンダー2018
  • マルシマ印刷オリジナル 婚姻届ファイル 出生届ファイル
  • 小豆島のクーポンフリーペーパーEedee!
  • データ入校ガイドライン
  • オンデマンドプリント

お世話になっている方々のご紹介

  • 盛田株式会社
  • 小豆島旅ナビ
  • 二十四の瞳映画村
  • 小豆島国際ホテル
  • 寒霞渓ロープウェイ
  • 小豆島 しあわせめぐり
  • オーキドホテル
  • 小豆島オリーブ園
  • 小豆島オリーブ公園
  • 10
  • サンコウフーズ
  • タケサン株式会社
  • 安田食品工業株式
  • 井上誠耕園
  • 株式会社岡田武市商店
  • 株式会社協栄岡野
  • 国際フェリー
  • 小豆島ジャンボフェリー
  • 内海フェリー
  • 小豆島急行フェリー
  • 丸島醤油株式会社